So-net無料ブログ作成

死ぬまでの暇 = 人生 [いまここに]

先月、大学時代の恩師が亡くなりました。

国立大学の名誉教授となり、関西の私立大学の学長を務め、建築界の大御所とも学生ともざっくばらんに交わり、人生最後の日、関西からの帰宅途中に東京駅で倒れて、そのまま急逝されました。

82歳でした。

なんとさわやかな死、なんとお幸せな人生。
そう思ったのは私だけだったでしょうか。


「死ぬまでの暇 = 人生」


ならば、恩師の人生は最後まで 「充実した暇」 だった、とうらやましく思われます。
立派な地位を築いた立派な人生だった、というようなことではありません。
自分の人生を生きることに、見事に積極的な先生でした。

で、その最期の一瞬まで「すき間」がないなんて。
天は、最後に何という贈り物を用意されていたのかしら、と。


       * * *


お通夜に参列する人の列に混じって、ゆっくりとゆっくりと焼香のほうへ進みながら、
力がみなぎってきました。


あきらめて、腹を決めて、自分の道を。
行きつこうとするところを目指して、カメのように遅くとも。進む。

今が全く不備でも、それが今自分の立っているところ
そこから始める。

必ず行きつく。 疑いない。

やるべきことは、自分がやるべきことをやること。
自分の talent を使いきること。

そのあとは信じて、助けてもらえばよい。

信じて助けてもらうこと。

それこそ自分がしたいこと。


よぉしっ!  先へ!
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

コウタニ

こんばんは、貴方の生き方は小学校の頃から変わらないですね。その素晴らしい感性をそのままに、もっと活躍してください。
by コウタニ (2010-04-09 23:51) 

オダガワトモコ

コウタニくん、見つけてくれてどうもありがとう。勇気づけられました。
秋に6-1のクラス会があるそうです。花立さんや渡部くんも、蛤谷くんのことを懐かしく会いたがっています。クラス会の日時などお伝えしたいです。
連絡をお待ちしています。
by オダガワトモコ (2010-07-25 18:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます