So-net無料ブログ作成

金刀比羅宮 [建築]

大雨予報の中、電車に乗って金刀比羅宮へ向かいました。
駅に着いたら駅舎から踏み出すのもためらわれるほどの豪雨。

R0011847a.jpg

しばらく降りしきる雨にかすむ金刀比羅宮の山を見ていてやがて意を決して雨の中へ。

階段を上り始めても、ほとんど人影もないし店のシャッターもしまっているし、あっという間に吹き荒れる雨でびしょびしょだし。
再び雨宿り。
ふと向うの店先の女の人と目があって、心細さについ目で挨拶。
この先あとどのくらいで旭社?
と尋ねると「まだまだ、この雨では」と。
人の声を聴いたら少し元気が出てきて、
もう二度と訪れることができないと思う。もう少し行ってみようと思います、とふたたび雨の中へ。

誰もいない。
R0011851a.jpg

間もなく旭社に到着。
R0011856aaa.jpg

誰もいない。

R0011858aa.jpg

白くけぶっている深い樹木の中に霊気が漂うような中をどんどん登っていく。

とうとう本宮。
R0011863a.jpg

R0011868aa.jpg

R0011871a.jpg

何もかも雨の中で、眼下に開けるはずの景色はなかった。本宮より奥も通行止めで立ち入ることができなかった。
が、かえって雑音の入らない金刀比羅宮の姿に出会うことができたようで気持ちが清々と明るい気持ちで下り道に。

降りていくにつれて雨も小降りに。
途中で二頭の神馬にも会い、降りきったところで遅い昼食に骨付鳥も食べて金毘羅駅に到着。

R0011880aa.jpg

R0011878al.jpg

R0011876al.jpg

駅舎の脇の川が濁流になっていた。
R0011887a.jpg

駅でびしょ濡れの服をすべて着替えて、列車に乗り込み、座席では靴も靴下も脱いで3時間ほど。
R0011888a.jpg

やがて松山に近づいたころには雨も上がっていました。

R0011917aa.jpg

いい一日だった。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます