So-net無料ブログ作成

苦海浄土 三部作 [読書・美術]

石牟礼道子さんの「苦海浄土 三部作」を読んだ。

本は広辞苑のような分厚さだった。
慈しみ深い、研ぎ澄まされた感覚とその文章に、頭を垂れる思いです。

熊本、水俣で起こったこととまるで同じ構図の出来事が、今も繰り返されているのだとも、気づいた。
まったく、私はぼんやり生きている。




nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます